任意団体 SWA 廃止のお知らせ

 トップページに公告を掲載したとおり、任意団体 SWA は2018年7月1日をもって廃止することになりました。
 ただし、Web ページの公開自体は、https://www.swa785.net/ へ場所を変えて継続します(4月26日現在、準備中です)。

経緯

 任意団体 SWA の主要な事業である「Web ページの運営」について、ページビューが1日当たり1000程度と、 団体発足時の数分の1にまで落ち込んでおります。
 また2016年にはサーバ障害による長期間運休を余儀なくされ、 激甚化する災害リスクの高まりも看過できない状況です。

当団体の考え方

 …と、廃線のプレスリリースに似せて書くのはこのへんまでにしますが、 一言でいえば「団体として活動してないよね」というのが廃止決断の理由です。

 SWA(団体)の主な目標として、節約なり何なり、 役に立つかもしれない情報を分かりやすく整理して提示するということがあります。
 しかしここ10年程度、新たな情報を提示するには至っていません。 SWA(個人)としては、自分に必要のある情報は集めて頭の中で整理していますが、 それを SWA(団体)として公開するというところまでは至っていません。

 そうはいっても、Web ページは放置しておいても一定の機能を果たすことから、 ダラダラと現状維持をしていくという選択はあり、実際そうしてきました。
 しかし、利用しているサーバが現在の相場からいって高コストで、 かつ老朽化しており、メンテナンスを十分に行えていないことから、 このままの状態で維持していくことは、 いろいろな意味で得策ではないと判断しました。

 であれば、活動の実態がよく分からない任意団体についても、 これを機に清算したほうがよいのではないかと考えました。
 もちろん、SWA(個人)は任意団体 SWA に愛着がありますが、実質的に SWA(個人)が一人で運営を行っており、ゴーイングコンサーンというのはありません。 つまり遅かれ早かれ廃止にはなる、というのが運営の前提です。 そしてそれが2018年であった、ということです。

今後について

 ここまで書いておいて何ですが、現在の Web ページのコンテンツは、当面、SWA(個人)名義で別の場所にて存続する予定です。

 存続の大きな理由は、「PROJECT LOP」の存在です。
 PROJECT LOP は「最長片道きっぷの実乗」を主とするプロジェクトで、 その資金の大半は募金という形で集められました。
 ですから、その成果物ともいえる PROJECT LOP の Web ページも募金によって制作されたといえ、これを公開し続けることは、 募金をいただいた者の責任であると考えています。
 募金をいただいたのは SWA(個人)ですが、これまで SWA(団体)の Web ページを間借りして情報を発信してきていましたので、場所を移して Web ページの公開を継続する必要があります。

 そして、場所を新たに用意するとなると、PROJECT LOP 以外のページを移転することも容易です。むしろ PROJECT LOP のみを切り出して移転することのほうが手間がかかります。
 ということで「じゃあ丸ごと移転するか」という安易な考えに至りました。
 「鉄道が廃止され代行バスになります」という一般的な鉄道路線廃止のイメージではなく、 「別法人が鉄道の運行を継続します」という、 養老鉄道や伊賀鉄道に近いイメージです。 ただ今回の場合、運営を継続するのは法人ではなく SWA(個人)です。

 新たな公開場所はすでに確保済みであり、URL に関しても「swa785.net」というドメインを確保してあります。
 廃止までの間に、コンテンツは https://www.swa785.net/ 以下へ順次コピーしていく計画です。

 決して「葬式鉄商法」や「廃止廃止詐欺」ではありませんので、 ご理解のほどお願い申し上げます。いや理解してくれなくてもいいですが。



(c) SWA / KASAI TakayaSWA へメールを送る
最終更新: 2018年 5月 2日
簡易包装にご協力ください。